レビュー

【レビュー】ゲーマーにもおすすめ!ブルーライトカットメガネ JINS SCREEN

今回はJINS SCREENというブルーライトカットメガネのレビューを書いていきます。スマートフォンやパソコンの長時間作業をする方におすすめなのでぜひ見ていってください!

JINS SCREENの詳細

ブルーライト対策に J!NS SCREEN

現代人は知らず知らずのうちに、スマートフォンやパソコンなどの様々なデジタルデバイスから、身体への影響が懸念されるブルーライトを浴びています。
JINS SCREENは、手軽にブルーライト対策ができるブルーライトカットメガネです。
普段の生活のなか、長時間のパソコン作業、それぞれのシーンに合わせた自分にぴったりのメガネを選んで対策をとりましょう。(公式サイトより)

////////////////////////// //////////////////////////

25% CUT 自然な見た目のクリアレンズ

日常使いにぴったりの自然な見た目のクリアレンズ仕様で、オフィスからご家庭まで気軽に使えます。

40% CUT 長時間の作業に

ブルーライトカット率の高いレンズを搭載。パソコンやスマートフォンを長時間使用する方に。

25% CUT KIDS お子様用も登場

子どもの眼ほど、ブルーライトの影響を受けやすいから。子どもにぴったりのサイズで新登場。

レビュー

私は普段ゲームを多いときは10時間ほどするので25%CUTではなく40%CUTの方を使用しています。

JINS SCREENを使用していないときは1時間や2時間ほどの作業で目の疲れを感じてきますがJINS SCREENを使用しているときは5時間や6時間作業していてもあまり目の疲れを感じませんでした。

10時間までいくとさすがに目の疲れを感じますがJINS SCREENを使用していないときよりは目の疲れは格段に軽減されてると思います。

また紫外線を99%カットするレンズでもあるので出かける際に使用しても良いと思います。ですが40%カットのほうはレンズが少し茶色っぽいのでそれが気になる方は25%カットをおすすめします。

私の認識では、25%カット→作業と外出にもつかえるがブルーライトカット率が低め+レンズがクリア40%カット→作業に特化してブルーライトカット率が高め+レンズが茶色、という感じです。

良いと思ったのが耳にかける部分を手で簡単に曲げて調整できるので目が痛くなりにくく、ずり落ちの心配もないところです。

先ほど私はゲームをかなりすると言いましたが、JINS SCREENとヘッドセットを併用しています。ですが耳が痛くなるということはないです。

あとは重量についてです。JINS SCREENのほかにブルーライトカットメガネを購入して重量を比べてみましたがJINS SCREENのほうが軽量で使いやすいと感じました。

JINS SCREEN16gもうひとつが21gたった5gの差ですが実際にかけると結構違うことが分かります。

まとめ

ブルーライトカットの効果に個人差はありますが使用して損はないと思います。

興味を持った方は購入を検討してみてください!

JINS SCREEN 公式サイト