デバイスレビュー

ゲーム実況や配信に使えるコスパが良いマイクレビュー【SONY ECM-PCV80U】

今回は、ゲーム実況や配信に使える特に初心者の方におすすめのマイク【SONY ECM-PCV80U】のレビューと紹介記事を書いていきます。

目次

SONY ECM-PCV80Uの詳細

レビュー

OBSでノイズをある程度消す方法

まとめ

SONY ECM-PCV80Uの詳細

 

  • パソコン用マイク
  • 指向特性:単一指向性 周波数特性:80-15,000Hz 正面感度(0dB=1V/Pa):-40dB±3.5dB
  • 本体出力コネクター:キャノン XLR-3-12Cタイプ コード出力コネクター:金メッキ3極ミニプラグ コード長さ:約2m 使用電池連続持続時間:プラグインパワー方式
  • 寸法:マイク部/約最大径4.3×H16cm、スタンドベース/約径10×H12cm グリップ径:約直径2.1~4cm 質量:本体/約300g(マイクコード含む)、マイクホルダー・テーブルスタンド組込時/約360g(本体・マイクコード・マイクホルダー・テーブルスタンド含む)、USB Audio Box/約38g(専用ケーブル含む)
  • 付属品:マイクコード、マイクホルダー、テーブルスタンド、USB Audio Box、専用USBケーブル
  • PCカラオケやPS4などのゲームにおすすめPC用ボーカルマイクモデル。エレクトレットコンデンサー方式採用。USB Audio BOX付属。演奏時に便利なスタンド付。
////////////////////////// //////////////////////////

ゲーム実況などに実際に使った感想

私はゲーム実況、配信、ボイスチャット(ディスコードなど)様々な場面で【SONY ECM-PCV80U】を3年間ほど使ってきたので良い点、悪い点を書いていきます。

良い点

良い点はやはりコストパフォーマンスの高さだと思います。

Amazon価格で3500円ですが音割れはなく音質も良い、しかも3年間使って不調がないので本当にコストパフォーマンスが高いと言えます。

悪い点

『サー』というホワイトノイズがあることです。

ノイズはどのマイクにも付き物かもしれませんが特に配信をやっていると気になってしまいます。

ノイズはOBS側である程度消せるので後で説明したいと思います。

良い点悪い点は以上です

参考程度に私がどのようにマイクを設置しているか載せておきます。

私は机の上はキーボードとマウスだけにしたかったので、別でマイクスタンドを購入しました。

ポップガードについてですがポップノイズをなるべく減らしたいと思い購入しました。同じように思っている方は購入した方が良いと思います。

OBSでノイズをある程度消す方法

OBSを起動します。→マイクの設定を開きます(歯車マーク)→フィルタを選択します。

下の方にある+を押してノイズゲートを選択します。→名称を決める画面が出てくるのでわかりやすい名称にするか、そのままOKを選択します。

ノイズゲートを開くと「開放数値」と「閉鎖数値」があります。

開放数値はどのくらいの音量でマイクが反応するかを設定できます。数値を大きくするほど大きな音量が必要。

閉鎖数値はどのくらいの音量でマイクが反応しなくなるかを設定できます。数値を大きくするほど音が途切れやすくなる。

例えば「あー」と声を出してだんだん小さくしていったとします。

その声の出し始めをマイクに反応させる音量設定するのが「開放数値」声を小さくして言ってどの音量でマイクに反応させなくするかを設定するのが「閉鎖数値」です。

なのでノイズの音量に合わせてノイズゲートを設定すれば話さない時間はノイズをなくすことが可能です。

まとめ

以上がSONY ECM-PCV80Uの紹介とレビューでした。

ゲーム実況や配信を始めようと思っている方は購入を検討してみてください。